カテゴリー別アーカイブ: マンガ、アニメ関係

安価だけどわりと高性能なペンタブレット(6000円)

huion-p618pro06

  ほいほい、みなさんこんにちわ。わりとこのブログの更新自体がかなりひさしぶりなきがするけど、たぶんわりと元気なさかなみかんどすえ。ブログは失踪気味でしたがさかなのキャラクターはどんどんと奇my(以下略

では今回はひさしぶりにペンタブレットとおぼしきものを入手したので、カメラでパシャパシャしたわりと適当な写真を元に実際に触っていった感想などを交えていつものようにHUION プロフェッショナルペンタブレットH610 PRO (H610PRO) をレビューをしていきましょう。

関連記事:5千円で超安価だけど高性能!ペンタブレット「PTB-STRP1」を買ってみた

続きを読む

無料の3Dデッサン人形ソフト「Pose Studio」使ってみた

pose-studio14

 みなさんお絵かきしてますか、こんにちはさかなみかんです。今回は無料で3Dトレース人形が扱える「Pose Studio」を触ってみましたのでそのおはなしを

こちらは用意された3Dモデル(3Dソフト状で間接の動かせる人形)にポーズをとらせてイラストソフトでトレースする…といった趣旨のソフトです。

 この手のソフトは今となってはそれほどめずらしいものでもないんですが、同じ無料のファイアルパカと組み合わせると相性がいいんじゃないかということで紹介しておきます。

トレースと言う言葉に過剰反応しちゃう方やこんなものを使うなんて邪道だと思う方はさておき、少しでも上手く描きたい人はだまされたと思って使ってみてもいいんじゃないかな、なにせ無料ですしおすし

関連記事:

続きを読む

【改造】PTB-STRP1の専用ペンにプニュグリップつけてみた【分解】

ptb-strp1-punyugrip01

  • PTB-STRP1の専用ペンにプニュグリップをつけてみる
  • 専用ペンのペングリップの交換にはある程度の分解が必要
  • サイドボタンが使えなくなる(ただ自作ボタンで一個つかえる)
  • プニュグリップ利用の場合は充電端子に加工の必要あり

 以前に安価なペンタブとして紹介した「PTB-STRP1」で替え芯を自作したりしましたが、今回はつけられそうならさかなはとりあえずつけてしまうプニュグリップをつけてみました

え、それだけなの?と思うかもしれませんがふつうのシャーペンやボールペンとは違い分解の必要があり、少し面倒だったので記事にしてみました。まぁ完全ではありませんが途中まで分解しているのでその他の参考にしてみてもいいかも

関連記事:5千円で超安価だけど高性能!ペンタブレット「PTB-STRP1」を買ってみた

 ※専用のペンの改造は失敗して動かなくなる可能性があり、万が一壊れてしまった場合サポート、修理も受けられなくなる可能性もあるので改造する場合はくれぐれも自己責任でお願いします。

続きを読む

100円ショップのものでペンタブの替え芯作ってみた【PTB-STRP1編】

kaeshin-jisaku-ptbstrt01

左からステンレス(釘)、プラスチック(ようじ)、純正(プラスチック)、竹(竹串)、木(割りばし)

  • 100円ショップのものでプリンストンのペンタブレット「PRB-STRP1」用の替え芯を自作
  • 作り方はダイソーの電動字消しを利用した方法
  • 基本的にはどの材質や太さでも製作可能
  • 難易度的にはじつはワコム制のペンタブの替え芯よりも簡単

 みなさんこんにちは、さかなみかんです。前回に5000円くらいで買えるペンタブレット「PRB-STRP1」のレビューをしましたが、別売りの替え芯も高くしかもバリエーションも少なくバリエーションも少ないときました。

 そこで今回は「PRB-STRP1」の専用ペン用の替え芯を自作してみましたのでこんかいはその製作方法と、材質ごとの使い勝手にかんするレビューをやっていきたいとおもいます。

※純正以外のの替え芯の利用は、本体やペンが壊れるおそれがあるので
自作芯の利用くれぐれも自己責任でお願いします。

関連記事:5千円で超安価だけど高性能!ペンタブレット「PTB-STRP1」を買ってみた

続きを読む

5千円で超安価だけど高性能!ペンタブレット「PTB-STRP1」を買ってみた

ptb-strp1-16

 みなさんこんにちわ、さかなみかんです。最近になって注文していたものが届いたので早速レビューをはじめましょう。

今回はプリンストンテクノロジーの「PTB-STRP1」というペンタブレットのご紹介です。こちらは定価が1万円台、最近だと通販で5千円台で買える安価なペンタブレットですが

  • 定価は1万以下、安いところで5千円台で買える
  • だけど性能はプロ向けペンタブレット並み
  • 読み取り範囲が254mm×158.8mm(A4に近い)と広い
  • 2048レベルの筆圧対応

とワコム(WACOM)のプロフェッショナル向けタブレット「intuosシリーズ」のスペックに迫るほどの性能をもっているので、一部の絵師の間で話題になったものらしいです。代わりに付属ソフト等は一切ついていないほどシンプルな構成ですが、最近はファイアルパカなどの無料イラストソフトも充実していきているのであんまり気にはなりませんね。

ptb-strp1-06

さかなはすでにペンタブレットはもちろん持っていますが、Intuos3 ptz-930とかなり古いタイプで、最近のwindows7だと動作が不安定な部分もありましたのでこの機会に

最近この商品は販売を終了していて入手経路が中古ぐらいしかないんじゃないかと思いますので、2016年頃に購入した中華製高性能ペンペンタブレットのレビューを書きましたので興味があればむしろそちらを

参考記事:安価だけどわりと高性能なペンタブレット(6000円)

ではレビューを始めていきましょうか

関連記事:

続きを読む