100円でIPhone充電、セリアのUSBハブとツインチャージャー

seria-usb-chargerandhub15

 みなさんこんにちは、今回は100均のセリアに100円(税抜)で2ポートのUSBハブとそのUSBハブによく似た充電専用のTwin Chargerというものが置いてあったので紹介したいと思います。

seria-usb-chargerandhub02

USBハブはバスパワー専用で2ポートでフラッシュメモリ等のデータ通信用ととして使用でき、ツインチャージャーはスマホやiphoneなどのUSB機器で充電するためのものです。

ではレビューをはじめていきましょう。

他のおすすめ記事一覧 ↓をタッチ!

>>スマホ、文房具、100均<<

2ポートUSBハブ

seria-usb-chargerandhub05

まずはUSBハブ、実のところダイソーに4ポートに売られていますが、そちらは100円でなく300円(税抜)で、こちらはなんと100円で売られていました。

seria-usb-chargerandhub06

ご丁寧にキャップつきです。ただこういったフタはたいていなくしちゃう運命にあるような気もします。

バスパワー専用(外部電源利用不可?)

seria-usb-chargerandhub07

裏面にはバスパワータイプとのことらしく、電力を多く使用するDVDプレイヤーやプリンター、特に外付けHDDなどは利用しないようにと書かれています。

ただそういった製品にはたいていACアダプターから給電できるタイプのものが多いので全てにたいして利用できないということはないでしょうか。

また実はバスパワータイプでも外部から電源を供給する方法があるのですが、ここでは割愛します。

seria-usb-chargerandhub01

さかなみかんの環境であるwindows 7 の64ビットでは特に問題なく認識

SDカードリーダーの利用

seria-usb-chargerandhub08

とりあえず同セリアーの旧式のカードリーダーを使ってみます。SDカードを読み込むには問題なさそうです。

PCやUSBアダプタを使わずにIPhone(IPod touch)を充電する方法

seria-usb-chargerandhub03

次にUSBハブのすぐ近くにおいてあったUSBツインチャージャーです。見た目がUSBハブと同じなので同じものじゃないのかと思うかもしれませんが用途にかなりの違いがあります。

関連:100均で電池不要なLEDトレース台(USB電源式)を作ってみた

ACアダプタ→USBハブ→スマホ、音楽プレイヤー

seria-usb-chargerandhub11

androidやオーディオレプレイヤーの充電方法としては、PCと繋いで同期または認識させる、専用のUSBACアダプタを利用するなどがありますが、

それ以外の方法としてUSBハブを利用してACアダプタの電源で端末を充電する方法がありま す。バスパワー専用でないほうのUSBハブですね。ただしこちらの方法、iphoneやXperiaなどの専用機器には使えません。

間にツインチャージャーをかます

seria-usb-chargerandhub12

ですがこのチャージャーを間にかませるとなにごともなく充電モードになりました。

他にPCの電源を落とした状態でもメインの電源を落としていなければ充電できたりと、このツインチャージャーは痒いところに手がとどくグッズと呼べそうです。

充電専用

seria-usb-chargerandhub04

なおこちらは充電専用と表記されていて

seria-usb-chargerandhub09

最初に紹介したUSBハブのようには使えないので間違えないようにしましょう。

では今回はここまでにしておきましょう。ではまた次回。

その他人気記事一覧

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+
The following two tabs change content below.
さかなみかん
このブログ「SpuSpu.jp」の管理人です。主にここでは「遊び」関係なことをいろいろやっていく予定。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。匿名でのコメントも可能です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>