一度は使うべき!イラスト用に100円ショップのペングリップを買ってみた【プニュグリップ】

100yen-pengrips02

 こんにちは、最近思い出したようにマンガを描き始めたさかなみかんです。イラストなりマンガなりを描いているのなら、それがデジタルにしろアナログにしろ疎遠ではいられないひとつがペンというものです。今回は持っているととても便利な文房具を紹介します。

特にさかなみかんはデジタルで作業するほうが多いのですが、最近またアナログでペンを握ったときに手が馴染まなかったのか長時間持つと指が痛くなりました。

100yen-pengrips01

そこで100円ショップに売っている「プニュグリップ」というペングリップを買ってきました。当初手持ちのシャーペン類がごつごつして指にかかる負担が大きいようなきがしたので、それを和らげる意味で入手しましたが、それ以上によいものでしたのでレビューしておきます。

なお画像は右手用ですが、左手用もあるようです。

他のおすすめ記事一覧↓をタップ!

>>スマホ、文房具、100均<<

プニュグリップ(アップルの香り)

100yen-pengrips03

またプニュグリップには右手用以外に普通の丸いものに、フルーツの匂いがついたものがあります。個人的には匂いは余計ですが、右手用が馴染まないのであればこちらを選択するのもいいかもしれません。

100yen-pengrips04

ペンにグリップを装着してみる

100yen-pengrips05

というわけで実際にペン、主にシャープペン類につけてみました。まずはダイソーで買った2mmシャープペン。一般的にはホルダー芯という名称のほうがしっくり来ると思われますが、2mmという極太の芯を使ったシャープペンシルです。

100yen-pengrips06

最近だと大人の鉛筆として売られていたりしますが、ダイソーで105円で売られていたのを見つけて衝動買いしたものを使っています。uniのHBホルダー芯を使用していて、紙が痛みにくく消しゴムが掛けやすいので下書き用に利用しています。

なおこちらのシャープペン、最寄のダイソーには大きい店にしか置かれていなかったので少しレアなものかもしれません。

普通のシャープペン類

100yen-pengrips10

こちらは100均に売っていた0,5mmの一般的なシャープペンで、ペン入れ代わりに使っています。こちらはゴムグリップが使われていたので、差し替えて利用しています。普通の丸いほうのプニュグリップをつけましたが、りんごの人工的な香料の匂いが充満して人によっては気分が悪くなるかもしれません。

100yen-pengrips08

 またこれは別の記事で紹介しますが、小学生ようのシャープペンとして売られていた、コクヨの1,3ミリシャープペンです。こちらも色にあわせて青色のグリップを装着、とりあえず鉛筆の太さくらいのものであれば問題なく装着できるようです。

ペン消しゴムには微妙

100yen-pengrips07

ただペン消しゴムにもつけたのですが、こちらは失敗だったような気がします。こちらは利き手とは違うほうで使っているせいか、かえって持ちにくく使いづらくなりました。なので現在は外しています。

ペンタブレットにも装着

100yen-pengrips11

手持ちのペンタブレット(intuos3)にもつけてみる。その際ゴムグリップとボタンを外しています。ボタンは使っていないのであれば、なんの問題はありませんのでテコの原理で外してしまいました。グリップはボタンを外してからだと外しやすいです。

といっても改造に近い行為なのでやろうと思うのであれば自己責任でお願いします。

思った以上に手に馴染んで良好

100yen-pengrips09

 正直ペングリップを舐めてました。せめて指が痛くなくなればいいくらいで買ったものですが、思った以上に手に馴染み、特に右手用のグリップはぎゅっと力強く握れるのでかなり安定して線が引きやすくなりました。

といったようにとてもお絵かきがはかどったのでおすすめしておきます。興味があればふと100円ショップでも文房具屋でもいいので立ち寄ってみてお試しに使ってみるのもいいかもしれません。

では今回はここまでにしておきましょう、ではまた次回。

その他人気記事一覧

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+
The following two tabs change content below.
さかなみかん
このブログ「SpuSpu.jp」の管理人です。主にここでは「遊び」関係なことをいろいろやっていく予定。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。匿名でのコメントも可能です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>