芯がとがったままになるシャープペン” クルトガ ”を使ってみた

tmp_kurutoga-top-2065423984

 みなさんこんにちは、今回は芯が回って尖ったままになるといううたい文句のシャープペンを見つけたので、もしかしたらイラスト用に使えるかもしれないという淡い期待を抱きながら買ってみました。

tmp_kurutoga011539391311

外見状はよくありふれたシャープペンですが、透けて見れる黄色い丸いロゴが書かれているところが秘密のようです。

他のおすすめ記事一覧 ↓をタッチ!

>>スマホ、文房具、100均<<


 

秘密はクルトガエンジン

tmp_kurutoga03-606048713

芯がとがったまま維持できる秘密はクルトガエンジンと呼ばれる機構にあるようです。

tmp_kurutoga05795544153

その秘密は紙に押し付けたときなど筆圧を感知して中にある黄色いギアで芯を少しずつ回して芯が一方向だけを使わないように均等に使わせることにより尖った状態を保つというもの

実は太さを間違えて買ってしまった

tmp_kurutoga09-422355695

本当のところ0,5mmを買ったつもりでいました。それが03mmだということに気づいたのはパッケージを開けていざ使おうと思ったころでした。

0.3ミリのシャー芯はあまり売っていない

tmp_kurutoga12547699163

というと語弊がありそうですが、コンビニやスーパーなら売っていそうなイメージのシャープペンシルの芯ですが、0.3ミリのものは実はあんまり売っていないことが多いです。例えば100円ショップには0.5ミリから0.9ミリ、1.2ミリなんてものまでいろいろ売っていますが0.3ミリだけはありません。

また0.3ミリは細いために折れやすいのでなるべく固くて、濃いものを選ぼうとすると選択肢が限られてきます。

tmp_kurutoga08-51709100

なおあとで0.5ミリに買い足しました。芯は100均のものでも問題なく利用でき、使い勝手も良好です。

クルトガの分解

tmp_kurutoga07-717350686

クルトガを分解してみました。作りはいたって単純なのでクルトガエンジンのついた本体以外は簡単に外せます。

tmp_kurutoga11760008216

なお中身の部分とペン先だけあればシャープペンシルとしては機能するので、ケースを取りかえて改造なんてこともできるかもしれません。

特性をよく知り、意識的に使う必要がある

tmp_kurutoga13249479403

 といろいろといじりつつわくわくしながらためしに使ってみましたが、うたい文句どおりのどんな使い方をしても芯が尖ったままになる魔法のシャープペンという風にはいかないようです。

 まず上記のように塗りつぶすような使い方をするときは適しません。こちらは前述したとおり筆圧を感知するたびにギアをまわして芯を回転させるしかけなのでペン先を紙から離し押し付ける動作を小刻みに繰り替え素必用があり、塗りつぶすといったペン先を紙に接地したままの状態ではクルトガエンジンは機能しません。

 また筆圧があまり弱いとギアが回ってくれません。比較的に弱い筆圧でも認識はしてくれるようにはなってくれているのですが、かるく触れる程度の力ではクルトガエンジンは機能してくれないようです。

tmp_IMG_20140307_120524-1514119955

まぁそれでも面白いシャープペンなのでいろいろ工夫して使ってみると有効な使い方ができるかもしれません。

ということで今回はここまで

ではまた次回。


その他人気記事一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+
The following two tabs change content below.
さかなみかん
このブログ「SpuSpu.jp」の管理人です。主にここでは「遊び」関係なことをいろいろやっていく予定。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。匿名でのコメントも可能です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>