無料の3Dデッサン人形ソフト「Pose Studio」使ってみた

pose-studio14

 みなさんお絵かきしてますか、こんにちはさかなみかんです。今回は無料で3Dトレース人形が扱える「Pose Studio」を触ってみましたのでそのおはなしを

こちらは用意された3Dモデル(3Dソフト状で間接の動かせる人形)にポーズをとらせてイラストソフトでトレースする…といった趣旨のソフトです。

 この手のソフトは今となってはそれほどめずらしいものでもないんですが、同じ無料のファイアルパカと組み合わせると相性がいいんじゃないかということで紹介しておきます。

トレースと言う言葉に過剰反応しちゃう方やこんなものを使うなんて邪道だと思う方はさておき、少しでも上手く描きたい人はだまされたと思って使ってみてもいいんじゃないかな、なにせ無料ですしおすし

関連記事:

公式サイトよりダウンロード

まずはこちらからダウンロード。

なおこちらのソフトは旧コミックスタジオ、今はClip Stuio(クリップスタジオ)やアニメ製作ソフトRETAS Studioを出している株式会社セルシスというところが作っているものです。

ソフト使用には会員登録して0goldで購入してシリアル番号を発行しないと利用できませんが、一応無料です。たぶんクリップスタジオとかの促販目的だと思いますが、ファイアルパカと併用しても問題ないでしょう

使ってみる

 pose-studio01

早速インストールしてソフトを起動させてみると無骨な男性デッサン人形が棒立ちで直角に手を広げています。これは3Dソフトならおなじみのポーズです。

ためしにMMD(MikuMikuDance)などを開いてみてもミクがこのポーズをとっていると思います。なおさかなはこれを勝手に「ゼロポーズ」と呼んでます(どうでもいい)

モデルを追加する(変更)

pose-studio04

さてこの無骨な標準モデルだとなぜかやる気がでないので、別のモデルに差し替えることにします。

まずは公式からアニメ体格モデルなんてものが用意されているのでダウンロードしてきてファイルを解凍しておきます。

ポ​ー​ズ​ス​タ​ジ​オ​(​ア​ニ​メ​体​型​):ダウンロード

でモデルレイヤーってところを右クリックするとモデルを追加と言う項目があるのでクリックして解凍したフォルダを選んで”fbx”とかいう拡張子のやつを選べばで開けました。

あと男性のモデルはもういらないので同じく右クリックからモデルを削除で消しておきます。

ポーズをつけてみる

pose-studio05

 ではポーズをつけていくところですが、

pose-studio07

すでにポーズプリセットらしきものがが左メニューに見えているのでためしにクリックしてみると速攻でそれらしいポーズをしてくれました。全身と手の形それぞれを設定できるようです。

自分でポーズを調整してみる

pose-studio06

これで終わり。だと味気がないので

自分でやはり動かしてみることにします。大まかな使い方は公式ページで丁寧に解説しているので省きますが、細かい調整にはマニピュレーターってのをオンにしておかないとやりにくいのでポチっておきましょう

pose-studio09

あらぶるオドロキのポーズ。うん何も考えていないと適当になっちゃうね

描いてみる

pose-studio15

ポーズ画像の書き出し方

とりあえずいくつかポーズさせてみて、適当に描いてみました。イラストソフトは同じ無料のファイアアルパカをしようしています。方法はポーズスタジオのファイルから書き出しで画像を…といった方法が通常のやりかたですが、

めんどくさいのでキーボードのFキー(ファンクションキー)の列の右端のほうにPrint Screenキーがあるので連打して画面そのものをキャプチャ(現在のPC画面をコピー)、ファイアルパカを開いて適当に新規ファイルを作成、キーボードの”Ctrl + V”でペーストしてキャプチャ画面を貼り付けます。あとは適当に切り貼りしてレイヤーの透明度を調整してトレースしていけばOK

なお他に選択範囲系のショートカットキーには

  • 全画面選択:Ctrl + A
  • 選択解除:Ctrl + D
  • Mキーで短径、楕円、投げ縄ツール(ファイアルパカの場合)

などがあるので覚えておけばべんりかも。あ、これイラストソフトの話ね

トレースしてみた

pose-studio10

pose-studio16

pose-studio12

pose-studio17

適当にやっているのであしからず

他のデッサン人形用途で使える3Dソフト

なお最初に他にも似たようなソフトがあると言っていますがざっとあげておくと以下のとおり

モデルの体格から顔の形まで細かく設定して自分の描きたいキャラにあわせたデッサン人形が作れる3Dポーズソフト。

こちらと同じくデッサン人形用3Dソフトをうたっているだけあって使い勝手はかなりよく、ポーズスタジオよりも高機能。

ただ高機能であることは設定項目が多いので細かくごちゃごちゃしている印象もあるので、3Dソフトをさわるのが初めての人にとっては使いにくいしろものかもしれません。

 こちらは初音ミクでおなじみの有志による3Dモデルを動かして動かすためのソフト。え、これは躍らせるためのソフトだろって?いやいや機能的にはポーズをとらせたりするのとほぼ同じなのでデッサン人形用途としても代用できます。

ただ3Dモデル製作者の著作権が絡んでくるので下敷きにするのには注意が必要です。たぶん探したらデッサン人形があると思いますが

 おそらく元祖3Dポージングソフト。フィギュア(3Dモデル)のポージングはもちろんキャラクターの体格の調整から、アニメーションには歩行アニメーションから布の動き再現するクロスシミュレーターまでハイエンドな3Dソフトに搭載しているような機能が使えます。

ただフィギュアがリアル志向なのでアニメなイラストとは相性がよくないかも(別売りでにあみぃ、もえたんといったデフォルメ体格がある)、あと操作性に癖があってそのへんで使いにくさを感じて敬遠している人もいるのだとか

デッサンが安定するけどクオリティは画力に依存

きらっ☆、九尾らしきなにか

きらっ☆、九尾らしきなにか

「3Dの力を使えば誰でも簡単にうまい絵が描けるようになる。」

そう考えていた時期はさすがにありませんが、ほんのちょっぴり期待とかしてみたり。

で実際のところはそんなにうまくはいかないようで自分の画力以上のものができたりはしないようです。

3Dを利用したときのクオリティは自前の技術力に依存する結果になります。まぁ考えてみると当たり前の話で今回の場合だとデッサン人形から得られるものは形と影の位置だけで、実際に描くときは服のしわやアクセサリー、や髪型などは結局自分で肉付けしていく必要があります。

たださすがに正確なのかデッサンが崩れにくくなるというメリットもあり、修正する手間が省けるので効率アップに繋がる結果になると思います。

もちろん描き手側がある程度ソフトを使いこなせるようになっていて、3Dグラフィックに順応していることが前提になりますが

ということで今回はここまで

ではまた次回


その他人気記事一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+
The following two tabs change content below.
さかなみかん
このブログの管理人です。今はYoutubeでゆっくり実況とかをやっております。 ※主にインディーズゲーがメイン(今のところ)--- さけSpuSpuJP=さかなみかん=じゃんがりあん、 たまにイカプレイにもふけってるけど動画にするかは不明

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。匿名でのコメントも可能です

*