「文明開化(石器時代)」Starboundを普通にプレイ日記 その2 前編

starbound02-t

 みなさんこんにちは、そしてはじめての人ははじめましてさかなみかんです。前回、エイリアンを狩って肉を調達して調理したところからの続きです。

今回はなんと前半と後半の豪華2本立て!とやりたかったけど無理でした。なお分割した理由は画像をキャプチャーしていたら数が増えすぎてひとつの記事内で収まらなくなったからです。一応スマートフォンに配慮しての構成となっているのでそこのところよろしくお願いします。なんでもし(以下略

索引(index)

>>Starbound一覧<<

>>最初から<<

>>その他のプレイ日記<<

Starboundを普通にプレイ【ゆっくり実況】 その2(Youtube)

前回のあらすじ

starbound02-01

!マークアイコンのQuest Jounalでクエストの内容を読み返してみます。内容としては

 かまどを作るから石材とキャンプファイアーのときにも使った石炭が必要だから集めてきてね。作るにはいつものクラフティングテーブルが必用だよ。(7割ほど意訳)

石材を集める

starbound02-02

とりあえず石材を集めていきましょう。集めるのにはいつものU字磁石で石を砕いて採取します。ピッケルなんてなかった

starbound02-03

たまに鳥が飛んできて、ちょっかいをだしてきます。あまりにうっとうしいので焼き鳥にしましょう。

雨をしのぐための仮住居建設

starbound02-04

途中ダメージを食らう人体に有害な雨が降ってきたので、原木で臨時の屋根をこしらえました。

starbound02-05

ついでに一時的な仮拠点を立てます

starbound02-06

けっして現代アートのオブジェではありません。

かまどを作成

starbound02-07

材料がそろったのでクラフトテーブル(Crafting Table)から石のかまど(Stone Furnace)を作成します。

starbound02-08

というわけでクエストクリアです。

starbound02-09

次は鉄鉱石(Iron Ore)を採掘して鉄の延べ棒(Iron Bar)を精錬しろという内容。順当ですね

宇宙船で睡眠

starbound02-10

そのまえに宇宙船に戻って睡眠をとります。おそらくですが、宇宙船内の時間経過は地上よりもはやくなっているような気がします。

starbound02-11

すやぁ

地下探索

starbound02-12

鉱石採掘のたま地下探索をしています。画面は影で見えにくいですが鉱石がみえているので

starbound02-13

木の足場(Wood Platform)をクラフトしておきます。木のあしばには木の板材(Wood Planks)を一個使用します

starbound02-14

というわけで足場設置

starbound02-15

掘り掘り

starbound02-16

うまー。どうやら鉄鉱石(Iron Ore)のようです。

鉄を精錬する

starbound02-17

では採掘して鉄鉱石を精錬して延べ棒を作りましょう。

starbound02-18

 かまどの使い方はキャンプファイアーのときと同じで、Eキーでメニューを呼び出して、鉄鉱石をアイコンに放り込んで”SMELT“をクリックすれば精錬してくれます。どうやら延べ棒(iron bar)一個に2個の鉄鉱石(iron ore)が必用なようです。

starbound02-18b

余談ですが、マイクラと同じように原木10個から木炭1個を精錬できるようです。ただこのワールドでは石炭が大量に手に入るのであんまり出番は無いような気もします。

starbound02-19

ということでクエストクリアで前半はここまで、ではまた次回。

 

 <<前回<<    >>後編>>

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+
The following two tabs change content below.
さかなみかん
このブログ「SpuSpu.jp」の管理人です。主にここでは「遊び」関係なことをいろいろやっていく予定。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。匿名でのコメントも可能です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>